好きな人を知るところから始る

片思い中というのは、相手のことが頭から離れずいつもそわそわと気持ちが落ち着きません。好きな相手のことだからもっと知りたいけど、好きなことはバレたくないし…そんな葛藤からなかなか行動を起こせない人も多いと思います。しかし、片思い中大切なのはやはり相手を少しでも知って、相手にも少しでも自分を知ってもらうこと。そこから恋は始まっていくのです。

まずは相手を知ること!趣味や興味があることについては要チェック

まずは相手のことをよく知るように努めましょう。好きな人のことについて魅力的だと感じる部分があるから好きになったわけなので、そのあたりはよく理解していると思いますが、それ以外の趣味や興味があることについて知っているでしょうか。人間同士の距離を縮めるきっかけになるものの一つには、価値観や趣味が合うということが挙げられます。例えば、相手がライブ好きだとすると「どんなアーティストが好きなのか」「どんなジャンルが好きなのか」「自分でも演奏するのか」などライブに付随した他の情報まで手に入れておくと良いでしょう。これらの情報はメールなどで直接聞いてみても良いですし、好きな人の友人に聞いてみるというのもありです。

それから自分を知ってもらうこと!さりげなく共通の趣味をアピール

相手のことを知ったら、今度は自分をさりげなくアピールします。相手の趣味と自分の趣味に共通の部分がある場合は、「私も○○なんだよ」とさりげなく伝えておくことで今後のデートのきっかけになるかもしれません。全く趣味や興味が被らないという人は、もちろん趣味や興味があることでなくても構いません。例えば、家族構成でどちらも末っ子などの共通点があればその話題でも構わないのです。何かしら共通のことがあると距離は縮みやすいので、仕入れた情報をもとに自分との共通点を探してみるようにしましょう。

一気に距離を縮めようとしないことが大切

気を付けなければならないことは、「焦らない」ことです。仲良くなりたいために一気に距離を縮めようとするのは片思いでありがちな失敗パターンです。好きという気持ちはいくら大きくても構わないのですが、相手に見せる量は慎重に調整が必要。一気に愛情表現されると、興味のない相手からでは嬉しいを通り越して、面倒くさいという気持ちを相手に持たせてしまうことになりかねません。あくまでもゆっくり時間をかけて相手との距離を縮めるつもりで行きましょう。